読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moimoi staff Blog

日本の保育問題にとりくむ 保育アプリmoimoi の奮闘Blog 。保育士・パパママのための保育アプリ「moimoi:モイモイ」の最新情報、保育業界の動向、運営スタッフからのお知らせなどをお届けします。

妊娠10週目:食べづわり と 検診

妊娠10週目の状況、そのときのつわり対策をご紹介します。

 

妊娠10週目:食べづわり と 検診

 

 

こんにちわ、moimoiスタッフのカヨです。

今回は妊娠10週目の状況を紹介します。

 

つわりの状況としては、前回よりも、少し変化がありました。

「吐きづわり」のひどい状況から、「食べづわり」の傾向が強くなってきました。

 

 

「食べづわり」が強くなる

具体的には、空腹を感じると非常に強い吐き気を感じるようになりました。

空腹のまま過ごしてしまうと、

「喉がひっくり返るのでは!?」 

と思うほど「オエッ」の繰り返しになってしまいます。

長男妊娠時は、ここまで食べづわりはなかったように記憶しています。

 

 

「空腹感が来たら食べる」で対処

そのため、多少ツラくとも空腹で吐き気が強くなってきたら、何かを食べています。

そうでもしないと、寝ていることさえ出来ぬほどなのです。

食べることができるものは日々変わります。

 ・冷えたおにぎり
 ・酢飯
 ・うどん少量
 ・そうめん

など、比較的あっさりしたものを、サササっと摂取しています。

 食べる量は、先週よりも増えてしまっています。

 

 

吐き気防止策

食べた後すぐに寝ると、それはそれで食べ物が逆流してきて、さらなる吐き気を招くことなります。

いまは、クッションを3つ使って、腰上から首下まで1枚、頭部に2枚使って、上半身が高くなるようにして休んでいます。

たまに吐き気が少ない時間帯があるので、その時には座って出来ることをしているのですが。。。

座ってしばらくすると、背中がかなり痛くなる症状も出てきました。

 

 

妊婦に多い「背中が痛い」症状

この「背中が痛い感じ」は、長男妊娠時も6-7か月頃になるまで感じていた症状です。

妊婦さんにはよくある症状のようで、やっと座れる体調になっていても、背中が痛いというのは、地味に煩わしい症状です。( i _ i )

 

 

検診で赤ちゃんの様子を確認

また、妊娠10週目には検診もありました。

立体的な3Dエコーを見せていただき、お腹の赤ちゃんは、ここ数週間で、本当に人間らしい形に成長し、頭、手、足などしっかり見えました。

まだ数センチの赤ちゃん・・・

数か月前には影も形もなかった赤ちゃん・・・

そんな赤ちゃんが、こんなに短期間で人間の形になるまで成長するのだなあ、と生命の神秘を感じ、一人しんみり感動してしまいました。

本当は点滴もしていただきたいと思っていたのですが、お小水が出なく、ケトン値など評価できなかったので、今回は点滴なしでした。

飲み食いは出来ている、ということもあって、もう少し様子を見ることにしました。

 

 

次回からは、分娩する総合病院の検診に

さて、いよいよ次回の検診からは、分娩する総合病院に変わります。

事前にドクターには「どの病院で、いつ初診なのか」を伝えていたので、紹介状もこの日に渡してくださり、大変助かりました。

blog.moimoi.club

 

その総合病院は、タクシーだとアクセスが良く、道路もほぼ一直線で10分程度で到着なので、いざ陣痛が来て産まれる!というときにはとても安心です。

次回の検診までは、まだつわりがツライだろうと思うので、タクシーで行こうかと考えています。

通常の検診に通う際には、

  • 徒歩(30分~45分程度かな?)
  • 電車+徒歩 20分程度
  • 電車+バス 30分程度

この中のどれかをチョイスして通うことになりそうです。

食べすぎ・運動不足の解消に、徒歩で通おうかなとも考えています。

 

 

ドキドキの総合病院

事前に出来る限りの情報は集めてきたつもりですが、実際に通ってみないと分からないことも多いので、どのような病院かドキドキします。

次回の検診時には、その辺の様子もレポートしたいと思います。

 





Copyright © 2016 moimoi.inc All Rights Reserved.



【スポンサーリンク】