moimoi staff Blog

日本の保育問題にとりくむ 保育アプリmoimoi の奮闘Blog 。保育士・パパママのための保育アプリ「moimoi:モイモイ」の最新情報、保育業界の動向、運営スタッフからのお知らせなどをお届けします。

ちょっと大変な日本の保育業界 その1

現在の保育園の数は約29,000施設、そして233万人の児童が保育園を利用している。それでも、まだ足りない?

 

ちょっと大変な日本の保育業界 その1

 

 

こんにちわ、ミシマです。

今回は、日本の保育園の状況について紹介です。 

 

 

「保育園落ちた日本死ね」の現状

「保育園落ちた日本死ね」

この3ヶ月ほど、このフレーズがネットから生まれ、いろいろな波紋が広がっています。

誰が発しているのか、言葉の品位は別にして、日本の「保育」「共働き」「子育て」における問題を、かなり端的に代弁しています。

 

 

利用したくても利用できない保育園

そもそも、なぜ保育園に入れないのか。

入園試験があるわけでもなく、定員以上に利用希望者がいる状態ということです。

 

現在の保育園の数は、

29,000施設

(出所:厚労省「保育所等関連状況取りまとめ(平成27年4月1日)」より)

ちょっと大変な日本の保育業界 その1

 

前年が約24,000施設なので、一年間で約4,000施設と、かなり増やしています。

これは、新設した「こども園」の制度などで、急ごしらえした結果でもあります。

 

 

一年で約14万人の定員を増やした

その結果、保育園等の定員が増えて、利用者も増えています。

保育所等を利用する児童の数

233万人(前年比63,845人の増加)

 

保育所等定員

247万人(前年比13万9千人の増加)

 

(出所:厚労省「保育所等関連状況取りまとめ(平成27年4月1日)」より)

 

まだまだいる待機児童

 しかし、保育園に預けたいのに、利用できない子供、いわゆる「待機児童」は、

23,000

(出所:厚労省「保育所等関連状況取りまとめ(平成27年4月1日)」より)

前年が約21,000人で、一年で2,000人ほど増えています。

 

ちょっと大変な日本の保育業界 その1

 

 

施設数は増え、定員も増えましたが、まだまだ待機児童がいるのが現状。

 

果たして、どこまで増やせばいいのか?

 

今回、ここで引用したデータはこちらです。

www.mhlw.go.jp

 





Copyright © 2016 moimoi.inc All Rights Reserved.



【スポンサーリンク】