読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moimoi staff Blog

日本の保育問題にとりくむ 保育アプリmoimoi の奮闘Blog 。保育士・パパママのための保育アプリ「moimoi:モイモイ」の最新情報、保育業界の動向、運営スタッフからのお知らせなどをお届けします。

就業時のつわりとの付き合い方

妊娠期の仕事との両立。つわりの対処法。

 

f:id:moimoi-staff:20160523190147j:plain

 

moimoiスタッフのカヨです。
「妊娠期の就業時のつわりとの付き合い方」の話です。

 

つわりで辛い時の仕事の対処法も、上司と話し合いました。

大きく3つの時期に分けて話したと思います。症状により対応できる仕事量やレベル・内容が変わるからです。

  1. つわりで辛くなり始めた時期
  2. 最もつらい時期
  3. 少し良くなってきた時期

 

 

1.つわりで辛くなり始めた時期:代わりの人を用意してもらう

まだ同僚に報告をしていない時期でした。

他社から依頼されていた一日研修を当日同行して管理する仕事や営業など、社外に長時間出向く仕事もありました。

まずは同僚へ報告する時期までは、どうしても体調が辛い時でもスムーズに仕事が進むように、また私自身が無理をしすぎて更に体調が悪くならないように、予め上司と相談して、代行のメンバーを決めて予定も抑えて頂きました。

 

 

2.つわりが最もつらい時期:仕事量を最小限に

同僚へ報告したのはつわりのピークを迎えたころです。

しばらくは、私しかできない仕事のみに絞り込み、それ以外の仕事はしなくても済むように仕事の分配を一時的にするなど配慮いただきました。

 

自宅からの仕事もOKに

出社が出来そうにない時は、自宅から仕事をするのもOKとしていただきました。

あまりに嘔吐の症状が強く、なかなか思うように出社できず、遅くまで残って仕事をすることが難しい時が多く出てきたので、勤務時間の調整をスムーズにしていただけるよう、お医者さんに「母性健康管理指導事項連絡カード」も用意しました。

 

 

母性健康管理指導事項連絡カードとは

妊婦が医者から受けた指導事項を事業主に的確に伝えることを目的としたカードです。

例えばつわりなど体調が非常に悪く、通勤緩和や仕事内容の調整などがのぞましいと判断された場合に記入していただきます。

 

 

診断書並みの効力を持つカード

これは診断書のような効力を持ちます。

母子手帳に付属していることが多く、厚生労働省のウェブページでも入手可能です。役所などに出向いで書類をもらう必要はありません。

www2.mhlw.go.jp

 

医者からの診断書があることで、よりスムーズに時間の調整など迅速に手配いただけましたので、知っておくと良いかもしれません。

 

 

3.つわりが少し良くなってきた時期:仕事量を戻す

普段通りに仕事ができるようになってきましたので、同僚に一時的にお願いしていた仕事などをもどしてもらいました。

引継ぎについても具体的に決めて着手していったのもこの時期です。新しい仕事へのアサイン、休暇までの仕事内容などを話し合いました。

 

 

残業はしない

勤務時間についても、通常通りに戻しましたが、夜遅くまでの残業はしないように、会社側と私個人双方で気を付けました。

あまり遅くまで仕事してしまっていると、

「早く帰りなさい~~~!!!!」 

と、同僚のみんなから野次が飛んできました(笑)。

 

こうして、快く休暇に入ることが出来ました。

このような配慮をしていただき、会社には本当に感謝しています。

しかし、妊婦一人が心に留めておくという問題ではなく、会社側の体制や社風の醸成といった協力も大切な要素です。むしろ、そちらの影響のほうが大きいかと思います。

 





Copyright © 2016 moimoi.inc All Rights Reserved.



【スポンサーリンク】